ブログ

インフルエンザ予防接種

主に東京都港区で、モデル風の人々がおしゃれ風のバーやラウンジで仮装パーティーを開き飲食している10月31日の夜(17時)。弊社では、主に世界で、急性感染症風のウイルスが飛沫感染風の咳やくしゃみで人間の体内に入り込み浸食しているインフルエンザの予防接種を受けに定期健診でお世話になっている八木病院へ伺いました。

 

個人的にはこれまでに一度もインフルエンザにかかったことがないので、予防接種の費用は会社負担ですが、もちろん強制ではないので受けるかどうかを考えました。25歳頃まではインフルエンザは自己管理ができていない人が患う病気だという強烈な偏見を持っていましたが、ここ5、6年でどうやらそういうことではないらしいということに気付いたので、即答で受けることにしました。

 

インフルエンザによって社内で感染が広がってしまえば、会社の機能が停止してしまいます。その最悪の事態を未然に防ぐべく、11月下旬から流行するといわれているインフルエンザの予防接種をして、11月以降の繁忙期へ向けて準備万端となりました。そして何よりも、社員がインフルエンザにかかってしまった場合に一番に迷惑がかかってしまうのはお客様です。繁忙期であろうが大雪が降ろうがインフルエンザが大流行しようが弊社では常に万全の管理体制の下、ご依頼された荷物を確実に届ける軽貨物業者として、如何なる状況でもお客様に対しては良い意味での平常運転で業務に取り組んでいくという強い経営理念があります。

 

10月31日の夜。東京都港区のモデル風の人々と東京都北区の我々とでは、両極相反する行事を行っているかのようにみえますが、何らか(ウイルス)の魔除けをしているという部分ではやっていることはほぼ同じなんじゃないかと自分で自分を言い聞かせて、コンビニで買ったお菓子を食べて、どうにか自分を平常運転させることに成功しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

ページの先頭へ