ブログ

マスクを探して三千里

 

 

 

北商物流SNS班兼マスク捜査隊員の田中による手記。

 

昨今マスクの入手が非常に困難な状況にある中、我が北商物流も会社にマスクの在庫が底つきそうな状況になっている。

この緊急事態を受け日頃業務にあたり不特定多数のお客様と接するドライバーさんのマスク必須に対し

無償で配布することを目的とした、社員総出のマスク大捜索網を展開するに至った。

 

が、何処の店舗を探すもお目当てのものは見つからず、たまに残っているかと思えば

小さめサイズのマスクや子供用マスク、3枚入りのちょっと高級なマスクのみ、、、

今、巷を震撼させているコロナウィルスもいつ何時どのような形で感染するかはわからない。

無論インフルエンザもそうなのだが、感染してしまってからでは遅いのである。

感染する前にあらゆる予防の先手を打つことが極めて重要な管理のファクターの一つとなるのではないだろうか。

我々マスク捜索隊員は日夜業務の合間を縫いマスクの所在に神経を研ぎ澄ました。

 

が、何処を探してもマスクは見つからない、、、

向かいのホーム、路地裏の窓

こんなとこにあるはずもないのに、、、

 

見つけました。(笑)

「近所のドラッグストアでたまたま棚に並ぶ前に見つけて並んで買うことができたよ」

こう証言する瀬戸口勇専務により確保された貴重な3セットと

わたくし田中が配送先の近所の作業着屋で確保した20枚のみ。

しかしこれではまだまだ足りない、、、。

今後もマスク大捜索網は継続となる。

 

未だ拡大し続けるコロナウィルスだが、現在中国の55都市が閉鎖。

そもそも一都市全てを閉鎖するということ事態、前代未聞の異常事態ではないだろうか。

またつい先日、感染した中国のとある人が、いつどこでどのように感染したかと言うのを

街中にある監視カメラを元に検証した結果、見も知らぬ感染者と買い物先で近距離で同じ屋台に居合わせたらしく

その居合わせた時間は僅か15秒。その時、二人ともマスクはしていなかったそうだ。

この感染してしまった方は発症前の14日間非疫区に移住し

旅行歴も野生動物との接触歴もなく区内の感染確定患者と面識もなかったようである。

 

可能性を考えればそこでの感染が高いと言えるのだろうが

何より悔やまれるのは「そこでマスクをしていれば…」

に尽きるのである。

 

よって、今後もマスク捜査隊による

マスク大捜索網は続いてゆくのである。

 

つづく…

 

≪追記≫
心優しいブログ読者様からの寄付を、心のどこかで待っています。
ご寄付頂いた方は、随時ブログでご紹介させて頂き、下記からお一つ選んでいただき心ばかりの謝礼を致します。
① 田中からとの熱い抱擁(1分間)&熱い激励(300文字以内)
② 田中に人生相談(役に立つかは不明、30分以内)
③ 田中と一緒に呑みに行って、愚痴を聞いてもらえる(飲食代は負担頂きます)
④ 田中に一曲オリジナルソングを作ってもらえる(元プロなので自信有り)
※ お相手によってはご要望に添えない場合もございます。

 

東京都北区で軽貨物No1になりました!

軽貨物・定期便・ルート便・企業配送等お困りのことがございましたら飛んでいきます!

お問い合わせ先

北商物流株式会社

東京都北区十条仲原2-6-8

TEL: 03-5948-9296

FAX: 03-5948-9256

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">


ページの先頭へ