ブログblog

2021.10.1 軽貨物コラム

コロナ禍で増加!デリバリー配達員の白ナンバー問題!

2020年初頭から始まった新型コロナの影響により、フードデリバリーという配達員の仕事を始める人が増え、街中では専用のバッグを背負った配達員が日々一生懸命働いていますが、今問題となっているのが「交通違反」と「白ナンバー」による配達です。

 

運転マナーや意識の欠如で社会問題に発展

フードデリバリーは、スマホで注文してすぐに料理が届く便利なサービスです。

 

新型コロナが想像以上に長く続き、それが理由で職を失ったり、経済的に不安を抱えた人たちの転職先として、手軽に始められるという理由もあり、フードデリバリーの配達員が急増しました。

 

多くの配達員はルールを守りしっかり業務をこなしている一方で、交通違反や迷惑行為を行う配達員がいるのも事実です。

最近では運転マナーや当て逃げのドラレコ映像も報道でよく目にします。

 

フードデリバリーで広がる白ナンバー問題

UberEatsなどのフードデリバリーを行うには、自転車や原付自転車、そして届出車両による配達が決まりですが、無届けの車両による配達が問題になっています。

 

これはいわゆる「白ナンバー問題」で、自家用車による配達はできません。車で配達を行うには、軽貨物で有れば営業用として「黒色のナンバー」を取得する必要があり、家にある車を届け出なしにそのまま利用することはNGで、法律違反になるのです。

 

開始時にほとんどの人がそもそもこういった事を知らないので、白ナンバーでの配達が大きな問題になっています。

又、ドライバーとお店をつなげて手数料を取るプラットフォーマーの会社が、配送問題については責任逃れの様な対応をして、その責任をドライバー個人に押し付けているのも事実です。

 

違反者は結構多いとの見方も…パッと見わからない白ナンバー配達

フードデリバリーでは、配達員登録を行う際にナンバー登録など車両の確認も行いますが、写真を送るだけなので別の車両を使っても正直わかりません。

 

また、街中でよく見かける緑色のロゴが入ったバッグですが、実はこれは任意であり別のバッグを使っても構わなく、例えば、自家用車で緑色のバッグを使っていなければパッと見ただけでそれが白ナンバー配達かというのはわかりません。

 

実際白ナンバー配達により警察に検挙された配達員もおり、現在はやや改善傾向となっていますが、これからは警察も積極的に動き出し取り締まりを強化する可能性は高いです。

 

まとめ

最後に知って頂きたいのは、営業用の黒ナンバーを取得するには手続きが必要で、時間も費用も要します。その書類を作成する専門の行政書士もいるぐらいです。

 

正規の手続きを踏んだ個人事業主を多く抱える当社としては、正直者がバカを見るといった気持ちであり、こういった事は到底黙認できません。

「白ナンバー」配達で得たお金は、しっかり確定申告するのでしょうか?

このあたりは当局にもしっかりと監視してもらいたいものです。