ブログblog

2021.10.29 軽貨物コラム

「送料無料」はなぜできる?送料無料のからくりとその負担を被る人

ネットショップなどで買い物をした際、「送料無料」というワードをよく見かけると思います。

 

買う側からすると送料がかからないのは非常にお得に見えますが、あなたはこのからくりを知っていますか?

 

今日は、ネットショップでの送料無料の仕組み、そのからくりについて解説します。

 

 

「送料無料」の仕組み

「送料無料」ということは、運営会社が無料で荷物を配達してくれていると思っている人もいるかもしれませんが、それはあり得ません。

 

あなたも経験があると思いますが、何を送るのにも送料がかかり、その大きさや重さ、種類などによって費用がかかります。

 

では、「送料無料」というのはどういうことでしょうか?

 

おそらく知っている人が多いであろう商品価格に含まれているパターンと販売会社が負担しているパターンが一般的です。

 

送料無料と一見、お得に見える文言でもそれは商品代金に上乗せされており、経費などを考慮した上で販売者が赤字にならないようにしっかり計算されています。

 

販売会社が負担するケースもあり、これは例えば売り出したい商品を戦略的に送料無料にしてその他の商品の売り上げで販売会社側の負担した送料を補えるという計算の元、設定されています。

 

また「〇〇円以上で送料無料」というパターンも多いですが、これは送料をお店が負担している代わりに客単価=粗利が高くなるというのは有名な話です。

 

 

送料無料で負担を被るのは配達員

送料無料の仕組み自体は理解していただけたと思います。

 

送料無料を謳っている販売会社の中には、しっかり自社配送のみで行なっている会社もありますが、その多くが大手路線会社と実はボリュームディスカウントでの契約を結んでおり、そのしわ寄せは下請けの配達員や配送会社への支払い運賃に反映されているのです。

 

また、大手FC会社の中にはポスト投函をするタイプのものもありますが、家庭やマンションによってポストのサイズは異なるので、必ずしもポスト投函できるとは限らず、結局は玄関で手渡ししたり不在の場合は再配達など運賃に見合わない作業になります。

 

こういった配送現場の実情が報道されないので、販売会社側の「送料無料」といううたい文句がいまだに無くなりません。

 

本当に「送料無料」と明記できるのは自社便配送で配達を行っているところのみであり、路線会社を使った送料無料という言葉は是正する必要があると考えています。あなたはどう思いますか?